新型プリウスは乗り心地も改善

      2016/11/10

新型プリウスは旧型に比べ、

乗り心地も改善されているので

おすすめできます。

 

実際に試乗してみたのですが、

新型プリウスは燃費向上だけでなく、

乗り心地もしっかり改善されていました。

 

2015年に発売された新型プリウスは、

これまで悪いと言われてきた

乗り心地が随分改善されています。

 

先代プリウスの場合、

凸凹した道を走るとガタガタしたり、

突き上げが酷いという意見が出ていたので、

トヨタさんも今回はしっかりと乗り心地を改善しています。

 

 

エンジン音やロードのノイズが

スピードを出すとうるさいのもプリウスの弱点でした。

新型プリウスでは、これらの問題が改善されていて、

燃費が良くて乗り心地の良い車になっています。

 

 

新型プリウスのリアサスペンションは、

クラウンと同じダブルウィッシュボーンという

サスペンションを採用しています。

 

そのため乗り心地がよく、

段差があっても滑らかな走りを実現しています。

また、加速に問題があったエコモードが、

新型プリウスでは大きく改善されていて、

先代プリウスのノーマルモード以上の

加速になっています。

 

 

そしてパワーモードにしたときは

スポーツカー並の加速を実現しているので、

満足いく加速になっています。

 - 未分類